MENU
スマホ老眼対策に効果のあるサプリ10選

スマホ老眼チェック表|5つのチェックでスマホ老眼かどうかわかる!

スマホ老眼チェック

スマホ老眼が最近話題になっていますが、自分がスマホ老眼かどうかは案外分かりにくいものです。ちょっと目が疲れているだけかもしれませんし、若い人は自分を老眼だと思いたくないでしょう
ここでは、そんな人のためにスマホ老眼かどうかをチェックする方法をご紹介します。二つ以上当てはまれば、スマホ老眼の可能性があります。

 

手元を見る作業をする時に疲れやすい

スマホ老眼は、スマートフォンなどを近くで見る事が多い人がなりやすい老眼です。これは、毛様体筋や虹彩筋が酷使される事で疲労してしまうために起こるんです。
ですから、手元などの近くを見る作業をする時には、その疲れている筋肉をさらに使う事になりますから、疲れやすくなるんです。

 

手元が見にくい

これも、普通の老眼と同じ症状ですね。
ピントを調節する筋肉が疲れているために、近くの物を見る時になかなかピントを合わせる事が出来なくなるんです。若いのに手元が見にくいという場合は、典型的なスマホ老眼と言ってもいいでしょう。

 

スマートフォンやパソコンを一日8時間以上使う

スマートフォンやパソコンからは、ブルーライトという目に有害な光が発せられています。
ですから、それらを長時間使用する人は、スマホ老眼になりやすいんです。特に、姿勢の悪い人や画面に顔を近付けてしまう人は、注意が必要です。

 

寝ても目の疲れが取れない

スマホ老眼の症状が進むと、きちんと眠っても毛様体筋や虹彩筋の疲れが取れなくなります。
別の原因で目の疲れが取れにくい場合もありますが、寝ても目の疲れが取れない場合はスマホ老眼の可能性があります。

 

寝る前にスマホを見る習慣がある

テレビやパソコンも目に悪い影響を与えますが、スマートフォンはさらに画面が小さく、その中で細かく動くものを見続ける事になるため、目の負担はさらに大きくなります。
また、寝る前にスマートフォンを使うと、脳が興奮状態になって良質な睡眠をとる事が出来なくなります。そうすると、目のダメージが十分に回復されないため、スマホ老眼を引き起こしやすくなるんです。