MENU
スマホ老眼対策に効果のあるサプリ10選

スマホ老眼予防サプリめなりは効く?成分詳細と口コミ評判

スマホ老眼になる人が20〜30代の人に急増していますが、そんなスマホ老眼に効果的なサプリメントも発売されています。
そんなサプリメントの中でも評判が高いのが、さくらの森から発売されているめなりです。
めなりのどんな点がスマホ老眼に良いのか、成分の詳細と口コミをご紹介しましょう。

 

スマホ老眼予防サプリめなり

 

アントシアニン

めなりには、ブルーベリーの5倍もアントシアニンが含まれているというビルベリーが170rも配合されています。
私たちが物を見る時にはロドプシンという物質が必要になります。このロドプシンは体内で合成されますが、加齢や栄養不足などによって合成できる量が減っていくんです。

 

アントシアニンには、このロドプシンの合成を助ける力があります。それによって、目の疲労を改善したり、視力の低下を抑える事が出来るんです。
また、アントシアニンには毛様体筋のコリをほぐす力もあります。アントシアニンのこの力によってスマホ老眼を改善することが出来るんです。

 

ルテイン

多くのアイケアサプリに利用されているルテインは、強い抗酸化力を持つ黄色の天然色素で、天然のサングラスとも呼ばれています。

水晶体や黄斑部に多く存在するルテインは、パソコンやスマートフォンから出ているブルーライトから瞳を守るフィルターの役割を果たすんです。
ルテインは、体内で合成する事が出来ないから、サプリメントで摂取する必要があります。

 

ゼアキサンチン

ゼアキサンチンは、黄斑部に存在する強力な抗酸化作用を持ったカロテノイドの一種です。

黄斑部は、瞳の中で最も光が集まる場所であり、視力を支える大切な組織で、ゼアキサンチンの抗酸化作用は、黄斑部を光のダメージから守ってくれるんです。
これも、体内で合成する事が出来ないうえに、黄斑部がダメージを受けるとどんどん消費されてしまうため、サプリメントから摂取する必要があります。

 

クロセチン

クロセチンも強い抗酸化力を持つ天然色素です。

クロセチンには毛様体筋に直接働きかけてコリをほぐす効果があります。それによって、スマホ老眼を改善し、目の疲労を軽減してくれるんです。
また、クロセチンには血流を改善する効果もあり、目の疲労から来る肩こりも改善してくれます。

 

ビタミン

めなりには、ビタミンB1、B2、B6、B12、Cの5種類のビタミンが配合されています。
ビタミンB1は視力低下や夜盲症に効果があり、ビタミンB2は毛様体筋などの筋肉を作ります。ビタミンB6は水晶体や毛様体筋の代謝に役立ち、目の疲労を癒してくれますし、ビタミンB12は毛様体筋や末梢神経に働きかけて目の疲れを和らげてくれます。

ビタミンCは血管を作るコラーゲンの生成を助けるため、目の周囲の毛細血管を強くして血流を良くし、組織の代謝を促して疲れ目を改善します。

 

目が疲れにくくなった

私はスマホのゲームにはまってしまい、暇さえあればスマホをいじっていました。
そんな時、徐々に画面が見えにくくなっている事に気付いたのです。初めは気のせいかな、と思っていたのですが、やがて新聞も読みにくくなってしまい、このままではいけないと思ってめなりを飲みました。
飲み始めて一か月になりますが、スマホの画面もはっきり見えますし、肩こりも軽減されてとても感謝しています。

【24歳 営業職】

 

仕事の能率もアップ

私は仕事でパソコンをよく使いますし、時間が空いた時にはスマートフォンを触る生活をずっと続けていました
そして、気付いた時には近くの物が見えにくくなっていたんです。まだ20代なのにおかしいな、と思っていろいろ調べてみると、スマホ老眼というものを知りました。パソコン画面の文字も見えにくくなってしまい、仕事に支障が出始めたので、めなりを飲んでみたんです。
めなりを飲み始めて、たった三日ほどでその効果を実感できました。今では、目も疲れにくくなって仕事の能率もアップしました。

【27歳 事務員】

 

くっきり物が見えるように

スマホなんて必要ない、と思っていた私ですが、いざ使ってみるととても便利で、四六時中触るようになりました。すると、老眼のように近くの物が見えにくくなったんです。
そこで、口コミで評判の良かっためなりを購入しました。これを飲み始めてから、以前のように物がくっきり見えるようになり、その効果に驚いています。

【35歳 清掃員】