MENU
スマホ老眼対策に効果のあるサプリ10選

スマホ老眼で老眼鏡はかけた方が良い?老眼進む?予防になる?

老眼鏡

老眼になると老眼鏡をかけるのが一般的ですが、老眼鏡をかけると老眼がさらに進んでしまうと心配する人もいます。
スマホ老眼の場合、老眼鏡をかけた方がいいんでしょうか。

 

老眼鏡をかけると老眼が進む?

老眼で近くの物が見えにくくなっても、老眼鏡をかけると老眼が進むといって老眼鏡をかけない人もいます。
しかし、これは誤解なんです。
本来の老眼は、瞳の水晶体の弾性が年齢とともに低下してくる事で起こります。これは誰にでも起こる事で、50歳を過ぎるとほとんど全ての人が手元30cmほどのところは見えにくくなるんです。そして、老眼は例外なく進行していきます。
ですが、老眼鏡をかけ始める頃は、老眼が進行していく時期ですから、老眼鏡をかけたために老眼が進行していると錯覚してしまうんです。また、老眼鏡をかけて物が見えやすくなると、それまで普通だった裸眼での見え方をより見えにくいように感じてしまうため、老眼が進んだように感じるんでしょう。

 

スマホ老眼と老眼の違い

普通の老眼は、水晶体の硬化が原因で起こります。そして、これは治る事がありません。
ですが、スマホ老眼は毛様体筋や虹彩筋が酷使される事によって目のピント調節機能が衰える事が原因ですから、スマホの使用を止めれば自然と回復します。
筋肉の疲れが取れれば、またピント調節機能が正常に働くんです。ただ、スマホを使い続けていると症状はどんどん進行し、肩こりや頭痛などを起こすこともあります。

 

スマホ老眼でも老眼鏡をかけるべき?

通常の老眼は、進行を止める事が出来ません。そのため、老眼鏡を使用しないで無理に物を見ようとしていると、目が余計に疲れてしまって良い影響を与えません。
ですが、スマホ老眼の場合は老眼鏡に頼り過ぎてしまうと、毛様体筋や虹彩筋がさらに衰えてしまい度が進んでしまいます。
無理をして目を疲れさせるのもいけませんが、頼り過ぎてもいけないんです。
ですから、スマホ老眼の人は目のエクササイズなどで目の筋力を鍛えたり、スマホの使用を控えたりしながら、どうしても見えにくい時だけ補助的に老眼鏡を使うようにしましょう。